キャリアを積むための努力 – 自分自身の向上のため

日々進化する医療技術をひとつずつしっかりと理解し、毎日の医療行為に活かしていく・・・看護師の仕事は絶え間無い勉強を必要とする仕事です。
看護師としてのしっかりとした技術や知識は、患者の命を救うためには欠かせないものです。
人の命に関わる責任ある仕事である看護師としての知識や技術はどのようにして身につければいいのでしょうか?

まず、看護師として働くためには国家資格である看護師資格が必要です。
看護師資格には正看護師、准看護師があります。
このどちらかの資格がなければ看護師として仕事をすることはできません。

看護師資格を取得するためには、高等学校を卒業してから専修学校や各種学校など看護師を養成する機関で3年間、もしくは看護系の大学で4年間、看護系の短期大学で3年間学び、看護師国家獣拳に合格する必要があります。
准看護師になるためには准看護師養成学校または高校の衛生看護科で学んだあと、各都道府県で行われている准看護師試験に合格しなければいけません。

そのため、看護師として医療現場に立つ段階である程度の知識と技術は身につけているわけですが、看護師として一人前になるためにはやはり実務経験は欠かせないものなのです。
もちろん、看護師として就職するまでに実習を含め様々な経験をするわけですが、看護師として実際に現場に入ってからも常に勉強が必要なのが看護師であり、こうした努力が看護師としての技術の習得を支えているのです。

具体的には病院内での研修や事例検証の他、看護師向けに開催されているセミナーなどに積極的に参加することなどが挙げられます。
最新の医療機器を使用することも多い看護師であればそうした機器を適切に扱えるかどうかで看護の質も変わってきますし、専門的な知識を深めることによってより患者のためになる医療を提供することができます。
看護師としてのキャリアアップを目指し、必要な課程を経て資格試験に挑戦するのも良いかもしれません。

看護師としての技術を身につける方法はひとつではありません。
自分が必要とする技術を身につけるために、様々な方法も模索し、職場の協力も得ながら技術習得に努めましょう。
看護師としての技術は病院だけでなく、様々な分野や職場で必要とされている技術です。そのために転職する看護師も多くいます。自分自身が向上できる環境を探して転職することは悪いことではないと思います。
看護師としてのキャリアや経験を活かし、一生の仕事としていくためにも常に意識とモチベーションをを高く保つことが大切です。